日光を浴びたらその日のうちにシミ対策!

美白化粧品でメラニンを排出しよう

美肌を保ちたい女性にとって、大敵なのが紫外線でしょう。紫外線を沢山浴びると、メラニンを生成し肌を黒くして守ろうとする働きが起こります。増えたメラニンはターンオーバーによって体外に排出されるのですが、加齢や生活習慣など様々な原因からターンオーバーが上手くいかなくなると肌に蓄積し、シミができる原因になってしまうのですよ。紫外線を浴びない事が美肌には必要ですが、もし紫外線を浴びてしまってもその日のうちに対策すればシミを防ぐ事ができます。まずは美白化粧品を使いましょう。美白化粧品にはメラニンの生成を抑えるだけでなく、メラニンを排出してくれる種類もあるからです。紫外線を浴びた後は肌は乾燥していますので、美白化粧品でしっかりとケアしてあげましょう。

身体の内側からもケアしよう

毎日気にしていても、うっかりUVケアを忘れてしまう時もありますよね。もし紫外線を浴びてしまった後でも、その日のうちにケアすればシミを予防する事ができます。肌表面のケアも大切ですが、内側からケアしてあげる事も予防につながるので、必要な栄養をたっぷり摂取してあげましょう。美白に効果が高いといえばやはりビタミンCですよね。ビタミンCはメラニンの生成を抑える効果や、身体のサビとなる活性酵素を除去する抗酸化作用も持っています。紫外線を浴びた後は意識して摂取すると良いですよね。ビタミンCはオレンジやレモンなどの柑橘系や、イチゴ、トマトなどにも多く含まれていますので、紫外線を浴びた後は野菜や果物を多く食べるようにしましょう。