美白に肝心な紫外線対策とは?

紫外線対策は夏だけで大丈夫?

紫外線対策をして日焼けを防ぐというと強い日差しの夏をイメージしますが、じつは紫外線は一年じゅう私たちに降り注いでいます。しかも紫外線の量が一番多いのは、夏ではなく5月だといわれています。そして冬でもその半分から三分の一程度の紫外線量があることがわかっています。そのため、美白を目指すならば年間を通して紫外線対策が必要なのです。紫外線対策の基本は日焼け止めです。使用感やテクスチャーなど、様々な種類の日焼け止めが販売されているので、自分の肌に合ったものを選びましょう。選ぶときのポイントは、SPF・PAの数値です。この数値が高いほど、紫外線を防いで影響を受けにくくしてくれます。夏は汗をかいて日焼け止めが流れてしまうので、こまめな塗り直しが必要です。顔はメイクをしている場合には塗り直しができないので、SPF・PAの表記があるフェイスパウダーで化粧直しをしましょう。

普段からできる美白のための紫外線対策

美白を目指すなら、紫外線対策の日焼け止めに加えて美白化粧品を使用すると効果的です。美白化粧品を使用することで、シミやそばかすを防ぎ、透明感のある肌に整えてくれます。美白化粧品も日焼け止めと同じように、季節を問わず普段のお手入れから取り入れましょう。紫外線対策は、直接肌に塗るものだけではありません。物理的に肌を覆うことで、紫外線の影響を少なくすることができます。日中屋外に外出するときは、日傘をさしたりつばの広い帽子を着用しましょう。日傘は、日差しを通しにくい黒などのダークカラーがおすすめです。UV加工がされた衣類を着用するのも効果的です。目を紫外線から保護することも美白には大切です。紫外線を浴びることで目の角膜が炎症を起こすと、その刺激が脳下垂体に伝わり、メラニンを全身に作って防御するよう指令を下してしまうと言われています。そうならないためにも、UV加工レンズのサングラスを選びましょう。